中小企業経営者80%近くが、トランプ再選に投票すると答える

03.13.2020.

シェアする

FPI / March 10, 2020

ドナルド・トランプ大統領の経済政策に満足している、中小企業経営者の大多数は、大統領を再選するために投票すると答えた。

‘Small business owners are thriving and attribute much of their continued success to the pro-growth policies pushed by the current administration.’ / YouTube

Job Creators Network(JCN)が実施した世論調査によって、中小企業経営者(従業員500人未満の雇用主)が、ジョー・バイデン (Joe Biden)やバーニー・サンダース (Bernie Sanders) よりも大きなマージンでトランプを支持していることが明らかになった。

「明日選挙が行われ、民主党の候補者がジョー・バイデンであった場合、誰に投票しますかという質問に対して、73%以上の中小企業経営者がドナルド・トランプに投票すると答えた」と調査は報じた。その数は、サンダースが民主党の候補であった場合、トランプの再選のために投票するだろうと答えた数は77%に跳ね上がった。

「結果はそれを物語っています。中小企業経営者は繁栄しており、彼らの継続的な成功の殆どはトランプ政権によって推進された成長促進政策に起因しているからです」と。

Job Creators Networkの社長兼代表取締役であるアルフレッド・オーティス 氏(Alfredo Ortiz)は、このプレスリリースの中で述べている。

JCNはまた、703人の地元企業経営者に、トランプ政権が経済問題をどのように対処しているかを質問したところ、中小企業経営者の66%が「良い」または「素晴らしい」と回答した。

この調査で、地元企業経営者の79.4 %が、国民総保険や政府が関与する医療制度ではなく、自由市場に元づいた医療保険を望んでいることが判明した。

「さらに、自由市場の医療改革の支援は、Job Creators Network FoundationとPhysicians for Reformの最近の取り組みと一致しています。「Healthcare for You」のフレームワークは、ヘルスケアー市場に選択力と競争力を導入することで、アメリカ人が希望し、自分が受けるに値すると思う保険を自分の判断で選べるようにすることを目的にしています。起業家は、企業や経済を弄ぶ、進歩主義者や社会主義者の人形遣いを欲しておりません。自由市場が重労働をするべきなのです。」とオーティス氏は言う。

中小企業経営者に、彼らの懸念するトップ3の分野を聞いてみたところ、経営者グループの56.7%が高額税金に対して、39.8%が医療保険対して、そして37.6%がコロナウイルスに対して懸念していると答えている。

トランプ大統領は、コロナウイルスの大流行とそれによる経済への影響への対策として、火曜日に共和党主導の上院議員と給与税削減と時間給労働者に対する財政支援について議論すると述べた。

トランプ大統領は、月曜日の夕方の記者会見で、減税は「懸念の緩和の為に、非常に実質的な救済になる。それは大きな金額である。」と述べた。

「私たちはまた、給料の支払いが損ないように、引き続き時間給与者の手助けをする為の審議をする予定である」と語った。

スティーブン・ムニューチン財務長官は、記者会見で、トランプ政権は隔離のために家に留まることを余儀なくされた労働者や親族の世話をしている労働者に援助を提供出来るように努力すると述べた。

トランプ大統領はまた、彼の政権は「中小企業向けのローンの発動」だけでなく、旅行業界に財政支援を提供すると述べた。