300万人の保守派抗議デモ、ソウルを揺るがす

ワシントンで繰り広げられる大統領弾劾ドラマに対し、地球の反対側、ソウルでは、10月3日、ソウル市庁舎近くに推定300万人の保守派市民が抗議デモに参加した。

他にもいくつかの対抗する集会が同時にあったにもかかわらず、韓国とアメリカの国旗を掲げる人々が参加するデモは一体になって、韓国の文寅在大統領の追放とスキャンダルに悩まされるチョ・グク法務大臣の辞任要求を訴えた。この二人は、政治的盟友のように、社会主義傾向があり、中国と北朝鮮の思想的に一致しているのが明らかである。

Protesters flood the streets of Seoul on Oct. 3. / Twitter

これまでの現政権に対するデモとは異なり、10月3日のイベントは韓国の主流メディアが取り上げた。

宗教指導者や政治家がスピーチを行い、文政権の経済政策の失敗と北朝鮮の最近のミサイル発射実験に対する政権の軟弱な対応を批判したと韓国タイムズが報じた。

デモは「チョ・グクを逮捕」「文寅在の退陣」などのスローガンを繰り返し唱えた。

「文政権は、建国以来の最悪で、最も無能で、最も不道徳な政権だ」と野党第一党の自由韓国党(LKP)のナ・ギョンウォン野党リーダーは語った。

LKPは、約300万人が抗議集会に参加したと発表。

LKPのファン・キョンアン党首は、チョ氏に関する汚職疑惑問題は次から次へと拡大していると陳情し、「文はどうして、あのような人物を法務大臣に任命できるのか?」とデモ参加者たちに問いかけ、「文はチョを守るためだけに政権運営している」と訴えた。

韓国タイムズの報道によると、今回の抗議デモはある意味では28日にソウル南部で開かれたチョを支持する集会に対しての反動で行われたと報じた。

韓国タイムズ記者は、10月3日のデモ主催者側は、チョを支持する集会が「保守派をして参加数においてその力を十分に誇示するために今回のデモを駆り立てたと述べた。」そして「午後3時頃には、地下鉄の駅やバス停には、主に60代以上の人達が波のように押し寄せた。」と伝えた。

「この政権は、国益面を考えても、私たちの世代には全くピンとこない。私たちは国の平和と幸福を望んでいる。チョ・グクには多くの問題があり、左翼活動家だ。左翼が率いる国で、良いことは決して起こらない。」と、ソウル在住76歳、イム・ジンス氏は語った。

チョの子供たちに関する大学不正入学スキャンダルが、「長い間、政治目的のために権力を乱用してきた検察改革の選挙公約を全うすべく文大統領が選んだリベラルの新任法務大臣によって、国民を敵に回した。」と韓国タイムズ記者は報じた。

「チョは子供の大学入学について嘘をついている。妻がやったと言うが、それは言い訳にならない。」そして、「チョは偽証罪により法で罰せられるべきだ。文もチョを任命した責任を裁かれるべきだ」とデジョン(大田)出身の61歳のユ・スンオクがヨンハプ・ニュースに語ったと報道した。

韓国タイムズは更に、「大統領命令によって圧力を受けた検察総長ユン・ソクユルは火曜日、注目を集めていた政治汚職事件を捜査するために設立されたほとんどの特別捜査部署を閉鎖することを発表した。しかし、(皮肉なことに)これは大統領が提案した改革の一つであった」ことを伝えた。

READ MORE STORIES ABOUT: