香港独立運動家、共産主義終焉世界に訴える

9月4日、香港行政長官キャリー・ラムは、3ヶ月以上連日続く抗議活動の発端となった逃亡犯条例法案を政府が撤回することを発表した。

しかし、抗議主催者の要求に対し政府リーダーの問題に対処する努力があまりに少なすぎるし遅すぎる。抗議活動は今後も、「自由世界の変革運動」として継続していく。


Hong Kong independence leader Andy Chan Ho-tin, left, met with international activists including American Conservative Union Chairman Matt Schlapp, center, earlier this week after being released by authorities. / Twitter

この法案は、中国共産党(CCP)により犯罪で告発された場合、香港居住者や中国市民だけでなく、香港にいる誰もが中国本土に引き渡されることを可能にする条例である。

「キャリー・ラムの対応はあまりに遅く、少ない。我々の5つの要求に応えていない。」と抗議を支持する主要な民主化組織の1つであるデモシストは、9月4日のツイッターで声明を述べた。 「#HongKong、特に抗議がエスカレートするこの3ヶ月間、#PoliceBrutality不可逆的な傷跡が残る。#民主主義は、今、ここが最後の砦だ。」

香港国民党の創設者、陳浩天(アンディ・チャン・ホーティン)は、8月31日、日本での保守政治活動会議(J-CPAC)に於ける講演に向かう途中、空港で逮捕された。後、釈放されるが、国際社会に自由世界の革命に参加を呼びかけ、共産主義終焉の必要性を訴えた。

陳は声明で次のように述べた。「私は今、皆さん全員に革命への参加を呼び掛けます。あなたが必要なのです。明確に伝えます、これは香港の人々の革命だけでなく、自由世界の革命、今この時代を生きる私たち一人一人の革命なのです。私たちは今年2019年、21世紀に生きています。私は、この世界にまだこのように大規模な共産主義国家が存在していることが信じられません。先人によって成され得なかったことが、今、私たちの肩にのしかかっています。共産主義を終わらせる時です。私たち全員が革命に参加する時です。独裁が事実であるとき、革命は義務となります。」

陳氏は今週、アメリカ保守連合(ACU)および日本保守連合の指導者と「臨時CPAC」の名の下に会談行い、日本でのJ-CPACで登壇予定であった声明文の内容をこの場で発表した。

ジョシュア・ウォン、デモシスト事務局長は、ラムの声明に続き、ツイッターで別の声明を発表した。「対応があまりに少なく、あまりに遅すぎる。ラムの声明は7名の尊い命が犠牲となり、1200名の抗議者が逮捕された後にようやく出た。今も多くの人たちが警察により不法な扱いを受けている。私たちはこの政府の戦術を世界に告発し、香港と北京政府にだまされないよう訴える。実際には彼らは何も認めていないし、本格的な弾圧が進行中です。」

もう一人のデモシスト活動家、アグネス・チョウは、「逃亡犯条例法案の撤回に、満足していない。」との声明を日本語で記した。更に、「この3ヶ月の間、8人が自殺し、3人が警察による不当な暴力により視力を失った。1000人以上が逮捕され、100人以上が起訴された。負傷者は多数。私は戦い続ける。」と述べた。

チャウとウォンは両者共に22歳、先週警察による一掃で逮捕された著名な活動家だった。彼らは扇動及び未許可の集会開催により起訴された。

同日、逮捕されたのは、学生指導者のアルテア・スエン、チェン・チュンタイ議員、そして香港国民党指導者の陳浩天(アンディ・チャン)。

平和的で秩序を保つ抗議者に法的許可が保障される、市民権利を掲げ、英語でのポスターには「1つも残さず、5つの要求」のサインと共に、フェイスブックでラムの発言を否定した。

「…キャリー・ラムの政府によって引き起こされたこの政治的混乱だが、これまで、政治家たちに何の影響も及ぼしていない。」とグループは指摘、「運動の前線に立っているにもかかわらず、家族をも守ろうとする若者は何度も取り巻かれ、若者の一人は暴動で起訴され、暴力を受け、このような事実を私たちは到底受け入れることができない。」

また、ラムはほぼ全ての抗議デモで不正な暴力を加えた警察を非難するように見えるが、実際は抗議運動も同様に非難した。

「暴力事件で市民、警察、記者が負傷した。空港とMTR駅は混乱状況と化し、道路とトンネルは突然塞がれ、日常生活の遅れと不便さをもたらした。多くの人々にとり、香港は馴染みのない場所と化した。」とラムは伝える。

中国政府の宣伝機関であるグローバルタイムズは、ラムを称賛しながら、彼女の対応を勝利と祝い抗議者を脅した。

「今回の動きは、SAR(香港特別行政区)政府の政治的危機への対応は誠実さを示すもので、ラムの譲歩により状況が傾いたと見られるべきではない。急進的勢力は、香港と中国の主権を支配する原則、1つの国2つのシステムに対抗できる勝利の土台ができたという幻想を持ってはならない。」とグローバルタイムズは警告した。

香港国民党の陳は声明文の中で、「あなたが出来る最初の行動は、中国をチャイナチ(Chinazi)と認めること。私たち香港の人々は、中国政権がナチス政権であることを世界に知ってもらいたい。それを世界中のメディア、インターネットで広めていきたい。」

「第二に、人道的危機が香港で起こっている。昨日、香港警察による別のテロ攻撃があった。彼らは、列車の客室と地下鉄駅で棍棒、コショウのスプレー、鉄棒を使って無実の市民を無造作に攻撃した。何百人もの人々が負傷したが、彼らは単に病院にさえ行くことができない。さもなければ、彼らは病院で警察に逮捕されてしまうからだ。私たちの医療チームは限界状態にある。我々には医療支援が必要であり、国際非営利団体の介入が不可欠です。」

「第三に、香港に全面的な制裁を科して下さい。中国は香港を通じて制裁を免れることができるため、中国に科せられた制裁は香港にもたらされなければならない。私は再び懇願したい。米国議会によって可決された1992年の香港政策法を無効にすること。これにより、香港は中国から独立して特別な地位を享受することができる。しかし、それはまた中国が香港を自由世界へアクセスする窓口として操作したことを証明する。さらに、外国直接投資の70%以上が香港を経由して中国に送金される。香港は、中国が米ドルを取得する主要窓口であるが故に閉鎖されるべきである。」

「私たち香港の人々は、あらゆる種類の制裁を歓迎し、受け入れる準備ができている。多くの制裁のうち、私たちは特にこの2つの制裁を切に懇願する。先ず一つ目に、香港警察への装備の販売を停止すること。二つ目に、あなた方の国へ香港警察の入国を制限すること。警察には既に人民解放軍と準軍事警察が侵入しています。」

「香港はすでに炎上しています。中国も一緒に燃やさなければなりません。自由はただではありません。自由と尊厳の為には常に犠牲が伴います。中国と共に燃えることは、私たちの栄光です。自由を!さもなければ死を与えたまえ。どうぞ香港に制裁を科して下さい!」

READ MORE STORIES ABOUT: