中国の太平洋支配が可能な時、トランプは反撃するために選ばれた

08.22.2019.

シェアする
President Donald Trump: ‘I am the chosen one. Somebody had to do it, so I am taking on China, I’m taking on China on trade, and you know what? We are winning.’
djtvoa2 by N/A is licensed under Public Domain Voice of America

ドナルド・トランプ大統領は、米国がインド太平洋地域での軍事的優位性を失ったというリポートを受けて、中国が米国と軍事衝突となれば、中国は「考えられない程、大きなの代価」を支払うことになるだろうと述べた。

シドニー大学の米国研究センターは、「危機回避:米国防衛費出、抑止力とインド太平洋」という題目の新たな報告書の中で、「アメリカはもはやインド太平洋地域で軍事的優位性を享受しておらず、有利なパワーバランスを維持する能力について、ますます不確実となった。」と述べた。

報告書は、「インド太平洋地域での中国の軍事攻撃に対して、戦力、時間、距離、利害(関心度)という対称性は、アメリカの効果的な対応力反して働くであろう。」と述べた。更に、「この地域における現在の米国の布陣下においては、ほとんどのアメリカ及び同盟国の基地、前方配備された船、軍隊、および航空機は、PLAの一斉攻撃に耐え難く、最初は、中国の猛攻を抑えるというよりは、むしろ、ダメージを最小限に抑えることに焦点を置くことを余儀なくされるだろう。」と伝えた。

「危機の初期段階では、運用可能なアメリカ軍戦力は大きく制約を受ける。数で勝るPLAに、制空権と制海権において優位性を欠き、機能する滑走路、燃料貯蔵所、港湾施設のようなインフラストラクチャへの精密攻撃よる損害より少なくとも一時的な影響を受けるであろう。」と報告した。

軍事的衝突となれば北京に取って最悪の結果になるだろう。「我々は現在、世界最強の軍隊を持ち、軍事力においてはどの国も我々の足元にも及ばない。」とトランプは強調した。

そして、トランプは中国と貿易に対して立ち向かうことに関して言えば、中国の最高指導者習近平政権と戦うために「〔神に〕選ばれた者」だと8月21日に話した。

トランプ大統領は、現在進行中の中国との貿易戦争に関して、 対処するため、ちょっと空を見上げてから、次のように述べた。「私は選ばれた者だ。誰かがそれをしなければならなかったので私が中国に挑んでいる、私が貿易で中国に挑んでいるそして、(ピンとこないかも知れないが)何と、我々は(この貿易戦争に)勝っている。」

「中国はおそらく、私の政権と取引をするよりも、民主党のスリーピー・ジョーバイデンのような者が大統領選で勝つのを待っていることだろう。」とトランプは示唆した。

「スリーピー・ジョーバイデンは何一つ分かっていない。彼は、”ああ、中国は素晴らしい。”と言う。まあ、中国は中国にとって素晴らしいだろうけど、私がアメリカにとって素晴らしいのだ。」とトランプは言う。

8月20日、トランプ大統領は、大統領執務室で記者団に向かって、「そろそろ時が来ている。短期間においてそれがこの国にとって良いか悪いか」「長期的に、誰かがこれを必ず遂行することが大事だ。」と語った。

トランプの貿易政策の下で、中国は半世紀で経済的に最悪な時をこの1か月経験しており、習政権は取引を行う準備ができつつあると述べた。

トランプは更に、貿易で戦い続けることをこう誓った。「私がそれをやりたくなかったら、今よりも10,000ポイント位高くなっているであろう株式市場とただ一緒に座って静観していることも出来たであろう。」そして、「誰かがそれをやらなくてはいけないので、私がこれと戦っていることを喜ぶべきだろう。今起こっていることを、そのままに出来るとは私は思わない。」と付け加えた。

一方、インド太平洋地域に関するシドニー大学の報告書では、「中国は高度な軍事システムへの大規模投資の結果、中国が軍事力で地域秩序に挑戦する能力をこれまで以上に高めている。」と述べた。過去18ヶ月間、米国国防総省による、中国との戦力競争の為の必要性を優先するという、米国国防戦略(NDS)の主な目的としての、新しい試みが持たれているが、ワシントンはこれまで十分に、この任務遂行に於ける軍隊、またはそのグローバル戦略の範囲に見合った国防費算出することができないでいる。この米国の戦略と資金の不整合の結果が、インド太平洋地域の将来の安定性を危うくするという懸念をましている。」と報告されている。

報告書は、「米国は、インド太平洋地域にでの大国間の競争に対する、準備が整っており、装備や体制整備されている軍備力は持ち合わせておらず、このことを報告することが今後の課題である。」と記した。

更に報告書によると、

ほぼ20年連続的に渡る、継続的な戦闘と予算の不安定性により、米国空軍、海軍、陸軍、海兵隊におけるの主要な鍵となる戦闘即応性がの準備および準備が損なわれている。

軍事事故が増加し、老朽化し​​た兵器が寿命を超えて使用され、訓練が削減されている。

統合部隊の戦闘即応性レベルの数々は改善しつつあるが、まだ構造的な課題が残る。1980年代に建設された軍用プラットフォームは、維持するのが難しくなって来ておりより費用もかかる。一方、2000年代に大規模な軍事紛争のために設計された多くのシステムは、中東戦争の武力要件に対処するために削減され、許容量を限界まで引き延ばし、これが過剰使用を齎せた。

軍は次世代機能を開発実験しているが、過去数十年に及ぶ、新武器プログラムの延期または中止によって、(武器の)近代化という即時的優先事項の未処理をそこに生み出し、暫定予算を上回る可能性が高くなった。

インド太平洋地域に於ける多くの米国や同盟国の軍事基地は、中国のミサイル攻撃の可能性にさらされており、インフラ整備も膠着状態にある。前方配備されている軍需品と物資は有事の必要基準に設定されておらず、アメリカの物流能力は急激に低下していることが懸念される。

インド太平洋地域では、中国の侵略を防ぎ鈍化させることを目指す、新しい軍事概念と新しい機能が試されてる。海兵隊のようないくつかの機関は、反乱鎮圧から離れて、海上統制や完全閉鎖に向けて広範囲に及ぶ大規模な改革を計画している。

報告書は、米国は超音速技術やその他の最先端兵器に焦点をあて、さらなる遅れを避けるために他の措置を講じなければならないと記した。

先週末、トランプ政権は台湾へのF-16戦闘機の80億ドルの販売を承認し、中国を激怒させた。

米国はまた、中国による軍事的介入または戒厳令の発動の可能性があるという懸念の中、香港での抗議行動に対する中国政府の対応を注意深く監視している。

議員達は、中国政府が暴力的な弾圧を実施した場合に備えて、トランプ政権に対抗措置のオプションを準備するよう促している。

「我々は、上層部の中国当局者に与えるビザの種類、または大学に許可する中国人の数を再検討すべきである。」とアーカンソー州共和党・トム・コットン上院議員は8月20日にラジオ・ホストのヒュー・ヒューイットに語った。更に、 「私たちは、貿易交渉はこれ以上の前進はなく、そして税金もそのままに残ることになると簡単に言うこともできる。」と述べた。